Tocaro(トカロ)を徹底分析!メリットと利用プランを紹介

Tocaro(トカロ)とは何か

 Tocaro(トカロ)は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が開発したビジネスチャットツールです。仕事の行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化できます。新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークが新しい当たり前(ニューノーマル)となりつつある中、今までよりもオンラインツールを活用して業務することが求められています。今回は、ニューノーマル時代の強い味方、Tocaro(トカロ)を徹底分析し、紹介していきます。

Tocaroの基本機能3点

①プロジェクト管理

 個人のタスクはもちろん、チームメンバーのタスクを一覧で見ることが出来ます。基本的なタスク管理機能に加え、誰がどんな作業をしているかをリアルタイムで定量化し、プロセスを見える化することが出来ます。

Symbol
https://tocaro.im/feature

②リアルタイムでのやり取り

 業務を遂行するためには、メンバー間での迅速な意思疎通が大切です。オンラインでのコミュニケーションが当たり前となっている今、社員1対1やグループチャット等、目的に合わせて直感的かつ柔軟にコミュニケーションを取れることは大きなポイントです。

Symbol
https://tocaro.im/feature

③タスク管理(ワークボード)

 チームで成果を上げていくためにも、まず自身の仕事を期限通りに、かつ円滑に遂行していく必要があります。Tocaroでは、自身の仕事にフォーカスしたワークボードがあり、自分のTODOを1つの画面で管理していくことが出来ます。タスク管理を行うことで、抜けもれなく業務を行うだけではなく、効率的に進めることも出来ます。Tocaroのワークボード機能は大きな助けになるでしょう。
 タスク管理の重要性については、下の記事も参考にしてみてください。

Symbol
https://tocaro.im/feature
イメージ画像

タスク管理って何①?タスク管理をマスターして、余裕溢れる人に!

画像イメージ

タスク管理って何②?オンラインでチームでの連携を強化し、生産性を高めよう

その他機能について

 ビジネスチャットツールとして、必要不可欠なビデオ通話機能も具備されています。日本国内はもちろん、国を跨いだ場合でもお互いの表情を見ながら、会話することが可能です。また画面共有も可能なため、プレゼンテーションも簡単に行うことが出来ます。

Tocaroには業務を行う上で、必要となる機能はすべて備わっています。シンプルな構成を売りにしており、複雑な機能がない分、社内での導入もスムーズです。

Tocaroのメリット2点

 Tocaroはチャット機能、ビデオ通話等、意思疎通を行っていく上で必要な機能はすべて備わっています。またその他の機能もシンプルかつ洗練されており、使用する側、また本ツールを導入する側の負担も少なく、メリットの多いツールです。その中でもおすすめな機能を2点紹介します。

①検索機能の柔軟性

 検索を実施する際には、検索したい情報に加え、前後の経緯も確認することが出来ます。業務上でのあらゆる情報をTocaroに格納し、一元的に管理していくことで、より仕事効率を高めることにつながります。検索に簡単に圧倒的なスピードで出来ることは、業務効率化に直結するため、ぜひ活用していきたい機能です。

②API・連携機能

 Tocaroの公開APIやWebhook機能を利用すれば、チャットボットやRPA等を使用することも出来ます。今注目されているRPA等との連携で、日々の繰り返し業務等を自動化することも可能です。また社内で日常的に使用していたツールと連携させることで円滑にツールを導入することが出来ます。

気になるセキュリティ面

 金融機関レベルのセキュリティ水準が提供可能です。IPアドレス制限やパスワードポリシー等、企業が求めるすべてのセキュリティ機能を網羅しており、アカウントごとにファイルのアップロード権限や、端末ごとの利用権限付与等が対応可能です。アカウントごとにきめ細かく接続方法を設定できることはITシステム管理者側の立場としても魅力的です。

Security1
https://tocaro.im/feature

Tocaro導入に向けて

料金体系

●スタンダードプラン:800円(1ユーザー/1月)
・メッセージ投稿:無制限
・ストレージ容量:10GB/1ユーザー

●ビジネスプラン:1000円(1ユーザー/1月)
・メッセージ投稿:無制限
・ストレージ容量:無制限

 ビジネスプランになれば、ストレージが無制限のため、大きな容量ファイルを扱うことが多い場合には、ビジネスプランがおすすめです。まず始めはスタンダードプランから導入開始し、使用用途、ストレージ容量に合わせてランクアップを検討しても良いかもしれません。Tocaoには無料プランがないですが、1か月間は無料体験が出来るため、1か月間だけお試ししてみるのも一つの手です。

どんな企業が導入すべき

・オンラインでのコミュニケーションを図ることが多い
・ファイルのやり取りが多く、かつ高いセキュリティ性が求められる
・社内での現行ツールと組み合わせて導入を進めたい

Tocaro(トカロ)

https://tocaro.im/?locale=ja

●ポイント
・充実したチャット機能:1対1での直接メッセージや、社内外とのグループディスカッション等柔軟に対応可能
・自身のやるべき業務を1つの画面で一括で管理、可視化することで抜けもれなく業務遂行

●無料版
・なし(有料版は800円~ 1ユーザー/月)

まとめ

  ビジネスチャットツール「Tocaro」の紹介はいかがでしたでしょうか。テレワークの普及により、オンラインでの連携が必須スキルとなる中、円滑なコミュニケーションを行うためには、自社に合った最適なツールを選ぶことが大切です。Tocaroの基本機能やおすすめポイントを理解していただき、導入ツールを決める一助になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です