MatrixFlowを触ってみた!特徴についてご紹介

想定される読者

・社内にデータサイエンスを取り入れたい企業担当者の方
・MatrixFlowなどの自動AIプラットフォームに興味のある方

MatrixFlowとは

前回、DataRobotについての記事を出しました。機械学習導入ツール(自動AIプラットフォーム)には、DataRobot以外にもMatrixFlowというものがあります。MatrixFlowは“AI for everyone”を掲げており、多くの企業に注目されています。
今回はMatrixFlowを触ってみた感想とその特徴について取り上げてみたいと思います。

MatrixFlow公式HP

自動AIプラットフォームの特徴

本項では、MatrixFlowに限らない自動AIプラットフォームの特徴について下記に3点挙げます。

①コードが不要

機械学習の実装においては、PythonやRなどのコードを書いてモデルを構築する必要があります。
もちろん、プログラミングを書ける人材がいれば問題ないですが、ビジネスの現場にはコードを書く人材が不足していることが多いです。自動AIプラットフォームでは、ドラッグ&ドロップとクリックのような簡単な操作だけで結果を出すことができます。

②前処理が不要

機械学習をする上で、データの前処理が必要となります。これは、ビジネスの現場で実際に存在するデータが綺麗であることが稀です。また、前処理は地道に操作を行う必要があり、実際のデータサイエンティストもあまりやりたがらないです。しかし、自動AIプラットフォームであれば、前処理も自動的に行ってくれます。

③高度な統計知識が不要

手法の内容をあまり理解していなくてもある程度の予測を行う事ができます。統計学の知識があるに越したことはないですが、自動AIプラットフォームならある程度の知識があれば問題ないです。ただし、デメリットでもあり、基本的な考え方がわかっていないと誤った解釈をしてしまい、企業の意思決定を誤ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

MatrixFlowの特徴

直感的なUI

MatrixFlowは他社製品と異なり、直感的な操作が可能で初学者に優しい設計となっています。
ここでは、MatrixFlowのお試しで利用した結果をいくつか表示致します。

データ管理
MatrixFlowにデータを読み込ませると以下のようになります。
データの要約統計量が表示されていて特徴把握がしやすくなっています。この画面では、要約統計量になっていますが、データセットの中身もこの下に表示されています。
また、画面上部にデータ分析の流れが表示されており、初学者でもデータ分析の流れがわかるようになっています。

レシピ管理
MatrixFlowにはレシピという機能が存在します。
通常はPythonやR上で、モデルの構築をして合体させますが、MatrixFlowでは直感的にモデルを構築できます。
このように可視化されると、初学者の方でもどのようにモデルを直感的に理解することができます。

学習
学習用データを使って学習を行います。
予測をする値や、学習に使うデータも簡単に選択できるようになっています。
例えば、乗客idなどは一般的にモデルに含めるべきではないとされているため、取り除くことができます。

価格が安い

年間で約1000万円かかる場合もある他社製品と異なり、MatrixFlowは安価に始めることができます。
ライトプランであれば、月2,980円(税別)なので、個人でも気軽に始めることが可能です。
なので、試しにAIプラットフォームを使ってみたい人や企業は、MatrixFlowがおすすめです。

最後に

以上で、簡単なMatrixFlowの紹介を終わりにします。
お試しでできる無料版もあるので、是非試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です