【デモ画面付き】elgana(エルガナ)を徹底分析!便利な機能・導入に向けた検討ポイントを紹介

 elgana(エルガナ)はNTTネオメイトが開発したコミュニケーションツールで、NTTグループ内でも使用されています

 2021年に入ってからも新型コロナウイルスの脅威は収まらず、今までよりも、よりテレワーク推進を余儀なくされることもあるでしょう。新しい当たり前(ニューノーマル)になりつつある中、オンラインツールを活用して業務することが求められています。今回は、数あるコミュニケーションツールの中でも、NTTグループで開発されたelganaを徹底的に紹介していきます。

elganaのデモ画面(一般ユーザ)

elganaの基本機能のデモ画面です。
ユーザーインターフェースを事前に確認したい方は、お試しください!
画面が小さい場合や、大きく表示したい時はコチラを参照してください。

elganaのデモ画面(管理者ユーザ)

elganaの基本機能の管理画面です。
画面が小さい場合や、大きく表示したい時はコチラを参照してください。

elganaの基本機能3点+おすすめ機能1点

①チャット・通話機能

 業務を円滑に遂行していくためには、メンバー間でのスムーズな情報連携が必要になります。社内外のメンバーと1vs1から複数人のトークルームまで、メンバーを連絡先から追加するだけで簡単に作成可能です。また個人のメンバーとは通話機能も可能なため、elganaでトークをしながら、そのまま電話に移行することも出来ます。

②メンション機能

 トークルーム内の特定の相手にメッセージを送ることが出来ます。複数人がいるトークルーム等で誰に向けたメッセージかが分からなくなるといった状態を防ぐことが出来ます。使用方法は簡単で、メッセージの前に「@(アットマーク)」を入力すると、トークルーム内の候補者が表示されるため、クリックするだけでメンションすることが可能です。メンションされた側にも、メンションされてましたと通知が行くので、受け取る側も自身に関係ある話かがすぐに判断できます。

https://elgana.jp/quality/efficiency/

③ファイル共有

 業務には資料作成がつきものです。作成した資料をすぐに上司やメンバーに共有したい場合でも、elganaでファイルを送信すれば問題ありません。様々な形式のファイルのやりとりに対応しており、いちいちメールでファイルを添付する必要もないため、スムーズにやり取りできます。

おすすめ機能:既読管理

 elganaのおすすめ機能として、既読管理できることが挙げられます。トークルームにて既読の有無/既読時間に加えて、誰が既読をしたかも確認することができます。他のコミュニケーションツールでも既読の有無と時間を管理できる機能はありますが、複数人のトークでは既読数のみで、いつ誰が見たか分からないことが多いです。elganaの場合は、既読数に加え、誰がいつ見たかを確認出来るため、より既読管理が安易となっています。

チャット機能、ファイルのやり取り等業務を行っていく上で必要な機能は備わっています。またUI(ユーザーインターフェース)もシンプルで、使用する際も直感的に使用することが出来ます。

ログイン方法

  エルガナのログイン方法は簡単です。①企業ごとに設定されているコード、②メールアドレス等のユーザー情報、③パスワードを入力することでログインできます。

https://elgana.jp/quality/security/

気になるセキュリティ面

 elganaはビジネス専用のチャットツールのため、利用者の管理や利用端末の制限等が容易であり、高い安全性を実現しています。セキュリティ面の中でも安心して使うことが出来ます。具体的案セキュリティ面について2点お伝えしていきます。

①利用者・利用端末の制限

 社内・社外の利用者に対して、管理者が登録・削除することでelganaで始めてメッセージをやり取りすることが出来ます。そのため、コミュニケーション・情報の範囲の制限が簡単に出来ます。利用する端末に関してもログイン出来るのは、承認された端末のみであり、特定のIPアドレスからのアクセスを制限出来る等、柔軟に対応可能です。

②データの流出抑制

 elganaでは、個人所有の端末にデータを残さない設定が可能です。万が一端末を紛失してしまった場合にも、端末にデータが残ることはないので、お客様情報紛失等を防ぐことが出来ます。また端末上でトーク画面のスクリーンショットを行った場合には、誰がいつスクリーンショットを行ったかトーク画面に表示される機能もあります。不正・不適切な利用は蓄積されているログで解析可能なため、社外への情報漏洩や無断転載を防ぐことが出来ます。

仕事とプライベートでコミュニケーションツールを分けることで部外者への誤送信を防ぐことが出来ます。

elgana導入に向けて

https://elgana.jp/

●フリープラン:0円(1ユーザー/1月)
・グループ数:20グループ/ID

●ベースプラン:300円(1ユーザー/1月)
・グループ数:制限なし
・セキュリティ機能:詳細設定可能
・有人、リモートサポートあり

こんな企業におススメ!

・オンラインでのコミュニケーションを図ることが多い
・ユーザー管理や利用端末の制限など高い安全性を実現したい

その他チャットツールの比較

エルガナ以外にも、多くのビジネスチャットが存在します。下記記事では、ビジネスチャットを選ぶ際の注意点やおすすめのツールも紹介しています。エルガナ導入時にも参考にしてみてください。

image

ビジネスチャットを選ぶポイント5点|おすすめツールも紹介

image

【完全版】ビジネスチャットを選ぶ際のおさえるべきポイント14点

まとめ

 コミュニケーションツール「elgana」の紹介はいかがでしたでしょうか。数多くのコミュニケーションツールがある中で、それぞれの仕様・機能を理解し、自社にあったツールを取捨選択していきましょう。会社規模、使用用途、現行システムとの兼ね合い、料金等、様々な面から比較して、使用ツールを検討していくことが大切です。今回の記事でelganaの基本機能やおすすめポイントを理解していただき、導入ツールを決める一助になれば幸いです。

 エルガナの公式サイトのリンクも貼っておきます。興味のある方は公式サイトでのFAQやお問い合わせフォームから問い合わせしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です