最適な人事評価とポイントは?社員のモチベーションの高め方をお伝えします。

image

人事評価について

 人事評価を行っていない会社はないといっても過言ではないでしょう。日々の業務の成果を明らかにすることはもちろん、昇格や給与の基礎となります。また人事評価は人材育成の観点も含んでおり、人事評価を通じて社員の能力向上を図ることも重要です。

人事評価の目的3点

①業績向上

 会社にとって何よりも大切なことは業績を上げることで、業績向上に向けて人事制度を運用していく必要があります。会社の目指す方向性とリンクした人事評価の基準にすることで、社員にも会社の方向性、社員一人一人が実施すべきことを示すことが出来ます。

②人材育成

 人事評価は、評価項目や基準を明らかにし、開示することが重要です。評価項目や基準が不明瞭の場合は、社員からしても自身の行動の何が良かった・悪かったのか振り返りも出来ません。
 また人材育成に力を入れることにより、戦力となる社員を増やすことにつながります。社員一人一人の能力を考慮し、目標設定と振り返りを定期的に行うことで、より責任感を持って業務に取り組むように促すことが可能です。

③社員のモチベーション向上

 仕事に対するパフォーマンスを上げるためには、社員のモチベーション向上が鍵となります。自分の業務が適切に評価されることでモチベーションは高まります。また、自身の業務が評価につながらない場合も、きちんと人事評価にのっとった上で評価されていると理解できれば、次に向けて業務改善をしていくことも可能です。 
 モチベーションが高い社員が増えると、社員同士のコミュニケーションも促進され、職場全体の雰囲気も明るいものになります。

人事評価制度のポイント

①現場での運用が簡単であること

 人事評価においては、評価される側、評価する側、双方が簡単に運用できることが大切です。いくら良い人事評価制度を考えたとしても、実際の現場での運用が簡単でないと活用していくことが難しくなります。

②評価基準が明確、かつ信頼性があること

 人事評価においては、評価の軸に重複がなく、かつ定量的に測定できることも重要な要素です。営業成績として売り上げ等の数値的な評価はもちろん必要ですが、直接的に数字に表れない行動も可能な限り評価していくのが望ましいです。また1人の人間が評価を下すのではなく、部下自ら自己の業績について評価を実施したり、一緒に働く社員からの評価を取り入れることも効果的です。

おすすめの人事評価システム3選

Talent Palette(タレントパレット)

https://www.talent-palette.com/

〇問い合わせ(導入前にデモンストレーションや体験版を試すことは可能です)
〇ポイント
・人事異動のシミュレーションが容易:顔社員つきのプロフィールを移動させるだけで、チーム編成を見ていくことが出来るため、直感的に作業可能
・人事評価に必要な目標管理等はもちろん社内向けのアンケートなども実施できます。
  ※従業員数により、料金は変動がありそうです。

HRBrain(HRブレイン)

https://www.hrbrain.jp/

◆月額:69,800円~

〇ポイント
・評価画面の記入にしやすさ:テンプレートが存在しており、目標・振り返りが簡単に記載できる
・自身の目標を他の社員にも公開できるため、モチベーション向上にも寄与

評価ポイント

https://www.seagreen.co.jp/hyoka/

◆利用者数:10名~
◆月額料:7000円~

〇ポイント
・実際の業務で発生するタスクや社員に促したい行動を一覧で作成することが出来ます。従業員がタスクを実施した場合には、リアルタイムで評価を実施できるため、モチベーションの向上につなげやすいです。
・独自の社内通貨を設定することで、従業員はたまったポイント等を福利厚生に使用することが出来ます。

まとめ

  人事評価の目的や方法について理解していただけましたでしょうか。適切に人事評価を行っていくことで、業績向上や社員のモチベーションアップにつながります。人事評価を行う際には、評価基準が明確であること、また分かりやすくいつでも参照できることも大切となるので、目的に合わせて適宜ツールを活用することも検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です