360度評価って何?周囲の人からの評価を見える化し、自分・社員のモチベーション向上へ

image

 360度評価は、人事評価の中の1つの手法です。良くある人事評価として、上司と部下だけが面談として終わりということが挙げられます。ただ上司よりも一緒に働く同僚、先輩、後輩の方が評価対象者を良く知っている場合も多く、そういった他者からの評価を取り入れ、人事評価を実施している会社もあります。今回は他者からのフィードバックを人事評価に活用する360度評価のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。
 人事評価の目的については、下記の記事も参考にしてみてください。

image

最適な人事評価とポイントは?社員のモチベーションの高め方をお伝えします。

360度評価のメリット3点

①評価の公平性・客観性を保つことが出来る

 上司と部下、1対1の評価方法だと、上司の好き嫌いだけで評価されてしまうといった不信感もありました。一方で360度評価は、上司以外の人からも評価を受けるため、上司1人の主観や心理状況に影響されることが少なくなり、客観的な評価に繋がります。
 また自分を良く知る周囲の人から、複数の評価を受けることで評価の信頼性が向上します。そのため、評価内容に関してある程度納得感を持って受け入れることが可能になります。

②モチベーション向上に繋がる

 360度評価では、周囲の人が自分のことをどう思っているか、また自分が周囲の人にどう感じているかを伝え合うことが出来ます。他者との関係性が明らかになることで、よりスムーズな人間関係が構築しやすくなります。職場での人間関係が上手くいくと、仕事も円滑に実施出来るようになり、業務に対するモチベーション向上に繋がります。

③自分の長所・短所の発掘

 360度評価の特徴としては、自分自身も評価するということが挙げられます。自己評価と周囲からの評価を比較することで、自分の長所・短所がより客観性をもって確立することが出来ます。従来の評価方法では、上司に不満や不信感がある場合、中々フィードバックを素直に受け入れられないことも多いです。一方で自分の評価と周囲の人の評価が集まることで、納得し、自身の行動を振り返るきっかけになります。

【参考】ジョハリの窓(johari window)

 自己の認知を4象限で表しており、自他評価における自己の領域を示す考え方です。360度評価を行うことで、開放の窓(自分も他人も知っている自分)や盲点の窓(他人だけが知っている自分)を広げ、未知の窓(自分も他人も知らない自分)を狭めることに繋がります。]

筆者作成

モチベーションを高めるためには、自分も相手も良く知ることが大切です。
360度評価の中では、自己評価と他人からの評価を比べるため、自分を見つめなおす良いきっかけになります。

360度評価のデメリット2点

①人間関係の悪化

 360度評価により、自分の周囲の人が全て評価者となります。そのため、厳しい評価について誰が評価したか特定された場合等は、人間関係の悪化に繋がることがあります。また特定の人の評価を悪くしようと、裏で口実を合わせ評価を行う場合も考えられます。360度評価を始める場合には、評価基準と運用方法、また匿名か非匿名かをきちんと整理しておく必要があります。

②業務負担の増加

 360度評価を行うことは、自分自身が評価してもらうことに加え、他者を評価することになります。評価項目や評価人数等が多すぎる場合には、通常の業務に加え、評価する作業量が多くなり、不満も出やすくなるでしょう。本来業績向上や、人材育成等を目的に360度評価を導入するにも関わらず、社員の不満が続出しては、本末転倒です。

導入に向けた整理事項

●匿名か非匿名かルールを明確にすること、また客観性を持たせること
●導入や実行にかかる負担を軽減すること(運用が容易であること)

360度評価のおすすめシステム3選

カオナビ|株式会社カオナビ

https://www.kaonavi.jp/

●料金
・使用するサービス、人数ごとに変動
 ※カオナビサイト上で、シミュレーション可能

●ポイント
・顔写真を用いて、直感的に社員情報を把握することが出来ます。
・360度評価以外にも様々な人事評価に対応しており、現行の運用・評価方法を変えることなく、スムーズに導入することが出来ます。

360度評価支援システム|株式会社Fusic

https://360do.jp/

●料金
・初期設定費用:¥100,000
・利用料金:ユーザー数により変動
  ~30:¥40,000
  31~50:¥50,000
  51~100:¥60,000 等

●ポイント
・評価がシンプルで簡単なため、短時間で360度評価を行うことが出来ます。
・利用時のみ課金対象です。管理画面は課金対処ではないので、調査を実施する時だけ費用がかかるため、コスト削減につながります。

評価ポイント

https://www.seagreen.co.jp/hyoka/

●料金
・初期費用:¥50,000
・月額料:7000円~

●ポイント
・簡単でシンプルな人事評価システムのため、導入・運用がスムーズ。
・独自の社内通貨を設定することで、従業員はたまったポイント等を福利厚生に使用することが出来ます。

まとめ

 人事評価の目的やメリット・デメリットについて理解していただけましたでしょうか。適切に人事評価を行っていくことで、業績向上や社員のモチベーションアップにつながります。人事評価を行う際には、評価基準が明確であること、またわかりやすくいつでも参照できることも大切となるので、目的に合わせて適宜ツールを活用することも検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です