【Chrome便利機能】検索タブを管理する『workona』を使ってみた!

今や生活や仕事に欠かせない検索エンジン。業務に趣味にショッピング、様々な用途で使いますよね。

今回は複雑になってしまう検索タブを効率よく整理する「workona」というwebサービスを紹介します!

こんな人にオススメ
  • 検索タブを多用する!
  • Google Chrome の便利機能を知りたい!
  • 用途別に検索タブを管理したい!

workonaとは?

複数のタブを一元管理する

広範に用いられているウェブブラウザである Google Chrome の拡張機能です。

どうやって始める?

実際にworkonaの機能を追加するまでの手順を紹介していきます!

①Chromeウェブストアにアクセスする

まずは拡張機能を追加する時の第一歩、ウェブストアにいきます。workonaのページまでアクセスできたら、右上の「Chromeに追加」をクリックしましょう。

こちらからアクセス可能です!

②Googleアカウントでログイン

画面右上の「Log in」ボタンからGoogleアカウントでログインしましょう。

お手持ちでない場合や、アカウントを分けたい場合は画面中央の「Sign up」ボタンから新規作成することもできます!

③追加されたことの確認

拡張機能として追加されたら小さいタブが表示されます。

ここまでできたら準備完了です!

何ができる?

workona は検索タブを管理するためのツールです

ビジネスの場面であれば業務の中で営業先ごとにタブを分けたり、

学生ならレポートを書いている際に授業ごとで何を検索していたのかを管理したりと使うことができます。

具体的な方法は次の章で紹介します!

便利機能を紹介!

ここからは、具体的に作業画面を見ながら実際の機能を紹介していきます!

今回は最も使用頻度の高いであろう

  • Workspace : 現在開いているタブを管理する
  • Resource : Wrokspace の中で、タブを保存する
  • Section : Workspace を管理する

の3つの機能を紹介していきます。

Workspace

まずは最も基本的なタブ管理機能である Workspace についてです。

使い方は直感的でとてもシンプルです。

まず、好きな検索タブを開いている状態で workona の管理画面まで行きます(一番左にある小さなタブです!)。

下のような画面がでてくると思うので、好きな名前をつけて保存するだけ。

赤丸で囲っている「+」ボタンを押すことで新しい workspace を追加することもできます!

今回は、「movie」「travel」にタブを分けてみました。

「movie」には YouTube と Netflix、「travel」には Googleマップ と じゃらん が入っていますね。

このように、用途別に好きな名前をつけてタブを管理することができます!

Resource

せっかく用途別にタブを分けても、ブラウザを閉じたりPCそのものを再起動すると Workspace の記録はなくなってしまいます。

そこで活躍するのが Resource 機能です。

任意の Workspace を選択し、保存しておきたい検索タブをドラッグ&ドロップするだけ!

「Resources」に追加されていることが確認できれば、安心してブラウザを閉じることができます!

Section

Section は、すでに用意されている Workspace を用途別で管理できます。

先ほどの「+」ボタンを押すと、一番下に「New section」という選択肢ができてきます。

「New section」を押すと、Workspace の下に空のエリアができましたね。

あとは、こちらに好きな Workspace を移動すればOK!

Section もいくつも作ることができます!

今回は趣味・ショッピングという分け方をしてみました。

他にも、作業していた日毎で分けてみたり、仕事と私生活を分けてみたりと使い方は人それぞれです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は仕事にも私生活にも欠かせないwebブラウザを便利に管理できるツールを紹介してみました。

他にも「こんな機能が欲しい!」というご意見等ございましたらお気軽にコメントをお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です