コンテンツマーケティングとは?①定義と実例を詳しく!

ダイレクトマーケティングをはじめとする従来の戦略だけでは顧客獲得に対して十分な効果を発揮しないと感じている方も多いのではないでしょうか。

魅力を伝えたいものがあった時、顧客にとって自然に感じられる方法で届く必要があると言われています。最も重要なキーワードは、「物語性」です。コンテンツを物語に乗せて届けることで、より本格的に、魅力的に感じられ、顧客の求めるものにグッと近くなります。

こんな人にオススメ
  • コンテンツマーケティングとは何か知りたい
  • 従来の宣伝では効果を期待できないと感じている
  • 自分のプロダクトやサービスに自信がある

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは、理想の顧客に対して特定のプロダクトやサービスを作り、行き渡らせ、共有させるための方法論です。ブランド力や認知度、売上、顧客との意思疎通、そしてコンテンツへの信頼を高めることに貢献すると言われています。

なぜコンテンツマーケティングが重要なのか

コンテンツマーケティングは、ビジネスにおいて以下の点で役立つとされています。

  • プロダクトやサービスへのリード客、見込み客を教育する
  • コンバージョンを促進する
  • 顧客とビジネスの間に信頼関係を構築する
  • 顧客の課題解決方法を提示できる
  • ブランドに対する共同体意識が形成される

では、次の章からコンテンツマーケティングの種類を見ていきましょう!

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングには多くの種類があり、戦略に合ったものを取り入れることが重要です。いくつかの一般的なものを見ていきましょう。

①ソーシャルメディア

今日、世界中で36億人を超える人がソーシャルメディアを利用しています。多くのビジネスがこの領域に投資する理由も伺えますね。

そして、Faceboo、Instagram、Pinterest、LinkedIn、Twitterなど多くのプラットフォームが活発に使われています。このプラットフォームを利用して、写真、動画、プロダクト制作の裏側などを見せていくことは有効なマーケティングとして機能するでしょう。

実例①-1:Twitter

言わずとしれたソーシャルメディアですね。インフルエンサーも多く見込み客へのリーチは広い一方で、規模が大きいばかりに的を絞りづらいという欠点もあります。明確な戦略を立ててから運営することが求められるでしょう。

実例①-2:Pinterest

Pinterest は画像投稿プラットフォームです。Instagramと違うのは、画期的なUIももちろんなのですが、テーマごとでの画像検索が直感的で容易なことです。まだこのサービスを用いたマーケティングはTwitterほどには広がっておらず、参入の価値は十分にあります。

②インフォグラフィック

インフォグラフィックとは情報を視覚的に伝える方法のことです。複雑でわかりづらいデータなどをわかりやすくまとめることに長けています。

シンプルな単語、短い文、わかりやすい画像やグラフを用いることで、コンテンツの魅力を効果的に伝えることができます。

小難しい話や複雑なテーマを顧客に伝える時に、とても有効な方法です。

実例②-1:エコンテ

エコンテによるインフォグラフィック作成サービスです。実例をギャラリー紹介しているので、世界観などを確認してみてはいかがでしょうか。

実例②-2:infogram

海外のサービスですが、日本語対応もしています。UIがかなり綺麗で、エクセルなどとも対応しているのでデータを綺麗に図示したい場合などにオススメです。

③ブログ

ブログはとても強力なインバウンドコンテンツとなり得ます。ここでインバウンドとは、CMやチラシなどの宣伝することのみに特化したコンテンツとは異なり、見込み客から「見つけてもらう」ことを差します。最近だとYouTuberによる商品紹介などが想像しやすいでしょう。もっとも、すでに案件であることが周知されているともはや普通の宣伝なのですが、、、笑。

さておき、ブログでは社内外のリンクを記事に埋め込んだり、魅力的な物語にプロダクトやサービスを自然に配置することで絶大な効果を期待できます。また、SNSへの共有ボタンを設定することでソーシャルメディアマーケティングとの相乗効果も狙うことができます。

実例③:note

こちらも最近かなり広範に使われているブログサービス。日記のように利用している方もいますが有料記事などのインセンティブ設計もでき、マーケティングツールとしての価値も高そうです。

④動画コンテンツ

HubSpot(CRMプラットフォーム)の調査によると、50%以上の顧客が「興味のあるブランドについての動画を観たい」と感じています。このデータが示す必要性に加えて、動画コンテンツは顧客の信頼を得やすく、コンバージョン促進に繋がると言われています。

プロダクトやサービスについての動画をソーシャルメディア、あなたの事業のトップページ、関連企業のページなどに載せることでより広範な見込み客を得られます。

⑤有料広告

有料広告を用いることで多くの顧客にコンテンツの良さを届けられると同時に、目につけて欲しいタイミングに宣伝をすることができます。忘れてはならないのが、上で紹介したコンテンツマーケティングと併用することです。有料広告単体では従来のマーケティングと差異がありません。

ソーシャルメディアやSEO、バナーなど様々な場所に有料オプションがあります。あくまで一つの方法として効果的に利用することが大切です。

実例⑤:Google広告

Googleの検索結果やサイト内への広告表示を行えるサービスです。月額制で5000円などの少額からも始められるので試す価値ありです。

まとめ

今回はコンテンツマーケティングについて定義からいくつかの実例までを紹介しました。

次回の関連記事では具体的な戦略について詳しくみていきますので、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です