SaaS型CMSの選び方9点を解説〜顧客がより集まるwebサイトを作ろう〜

SaaS型CMSの選び方を解説

企業イメージの向上やマーケティングに重要なwebサイト構築にあたり、とても便利なツールがCMS(Contents Management System)です。
CMSを選択する場合、沢山の製品から調べて選択する必要があります。
今回はSaaS型CMSを選択する際に注意すべき9つのポイントをリストアップしました。しかし、そのチェックリストに入る前に、SaaS CMSとは何かをおさらいしておきましょう。

広告やマーケティングに興味がある場合は、webページ以外の方法もございます。
他のツール検討以下の記事も参考にしてみてください!

商品のインターネット広告は何がある?〜種類ごとに最適な広告を解説〜

ユーザに商品を買ってもらうには?〜絶対に知っておくべき消費者の購買行動モデル3選を解説〜

そもそもCMSとは?

「CMS」とは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、Webサイトのコンテンツ(テキストや画像、テンプレート等)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。本来ホームページは以下のようにHTMLやCSS文を書く必要がありますが、wordの用に直感的に作成できるのがとても便利です!以下は私がCMSツールであるWordPressで実際に書いたみたものです。

HTMLで書くとこんなに大変なものが、、、
こんな風にHPが作れます

SaaS型CMSを選ぶ理由

まずSaaSとは、「Software as a Service」の略で、携帯アプリの様に、サーバ等の機械なしにシステムを利用できるサービスのことです。特徴として、使いたいだけ使いたいこと、機械が不要であることがあります。この対義語として、自社で構築するオンプレミスというものがあります。

CMSを採用する場合、企業にはには3つの選択肢があります。
①自社で開発し、構築する。
開発チームを集めて独自でCMSを一から構築するか、オープンソースのプラットフォームの上に構築するかがあります。ですがこの道のりは長く、コストがかかり、バグが発生する可能性があり、継続的なメンテナンスが必要なためあまり推奨できません

②システムを購入し構築する
評判の良いソフトウェアベンダーからCMSを購入することができ、これは今まではほとんどの企業にとって最良の選択肢でした。しかし、価格は高く、導入に時間がかかり、ベンダーに高額なサポート料を支払わない限り、自社のシステム担当に任せることになるマイナス点も多いです

③クラウドシステム(SaaS)を借りる
クラウド上に存在し、社内で保管する必要のないソフトウェアを使用することができます。このシステムをあなたやあなたのチームはどこからでもログインして操作することができます。その間、ベンダーはシステムをメンテナンスし、ホスティングを処理して月額または年額で提供します。
SaaS型CMSは、現在お使いのその場構築型のCMSと同様の機能を提供します。しかし、ローカルにインストールされるのではなく、クラウドを利用した分散型のCMSを提供し、お客様独自のウェブサイトのニーズに合わせて設定することができるため、とても便利なサービスです。

SaaS型CMSが優れているポイント

SaaS型CMSを利用すれば、ウェブサイトやアプリのアップグレード、サーバのメンテナンスや置き場所を心配する必要はありません。それどころか、SaaSの「サービス」の部分では、ベンダーがこれらの問題をすべて処理してくれるため、企業はよりクリエイティブな作業に集中することができます。

それでも、SaaS型CMSはすべてのビジネススタイルに最適なわけではありません。データのセキュリティを第三者に委託することに抵抗がある企業もあるでしょう。機密性の高いデータを定期的に扱う場合はなおさらです。しかし、自社のウェブサイト全体で高いレベルのセキュリティ・コンプライアンスを維持するには多くの作業や知識が必要であり、ベンダーが顧客満足度の高い信頼できる企業であれば、不信感は今後の発展のために脇に置いておいた方がいいでしょう。

実際、SaaS企業は共同体的に高い技術水準を維持しております。SaaS企業は、サーバ等のインフラを扱い、欠陥のないソフトウェアを提供し、セキュリティを企業レベルの水準に維持しています。もちろん、すべてのSaaS企業がこの基準を満たしているわけではありませんが、ほとんどのSaaS企業はこの基準を満たしています。

SaaS型CMSは費用対効果が高いのか?

SaaS CMSは費用対効果が高いのか?
エンタープライズ向けのSaaSコンテンツ管理システムは、比較的高い月額料金や年間料金を必要とすることが多いです。そのためブランドによっては、最初の1~2年で製品を購入した方が「安い」と計算してしまうこともあります。

しかし、この計算は誤りでありSaaSシステムの方が安いことが多いです。なぜならば、ベンダーにCMSの導入を支援するためのサポート料やコンサルティング料を支払ったり、サードパーティの開発者に継続的なメンテナンス料を支払うために開発者を増員したり、製品を更新するためのコストのかかるプロセス、そしてもちろん、上記のすべてを整理するのにかかる時間などに投資しなければならない費用は考慮されていません。確かに、会社ですべてを実施することもできるかもしれません。しかし、あなたの企業のビジネスの核心を考えると、システムは利用したらどうでしょうか?

さらに重要なのは、企業はスピードが重要であるにもかかわらず、このような考えに対して考慮されていることが少ないことです。SaaS製品は契約後すぐに利用できますが、製品を購入して構築した場合、システムを利用開始するのには数ヶ月かかることがあります。

もしあなたがSaaS CMSを良いと感じたのならば、以下のチェックリストを参考にしてSaaS CMSを選択してその中から低品質の製品を除外してください。

CMSの選び方。9つのポイント

SaaS型CMSを実際に使ってみるためのチェックリストをまとめました。

本当にSaaSプラットフォームなのか?

顧客がクラウドを借りることのメリットを認識するにつれ、ベンダーは今までのシステムをクラウドに移行し、SaaSと名乗っています。しかし、ベンダーが実際に行っているのは、お客様を現在のホスティング・プロバイダーから新しいホスティング・プロバイダーに移動させているだけなのです。

SaaSプラットフォームを見極める鍵は、継続的な改善状況を見ることです。定期的なリリースやバージョン、アップグレードがあり、ビジネスの変化や成長に合わせて成長し変化し続けているかを確認しましょう。。

柔軟性はあるのか?

SaaS型CMSを利用すれば、自社のウェブサイトやウェブサイトのフリート全体を管理するための手段をに入れることができます。これだけでなく、プラットフォームは、簡単に新しいユーザーを追加し、新しいウェブサイトを展開し、スピードであなたのサイトに新機能を追加することができるようにする必要があります。

固定料金はありますか?

ほとんどのSaaS CMSは、お客様のビジネスニーズに合わせて、いくつかの価格設定を提供しています。大抵の価格は、ユーザー数や組織の規模、または要求される全体的な機能セットに基づいて設定されています。現在のSaaS CMSをカスタマイズしたい場合は、月額料金を計算する前にパッケージのカスタマイズが可能な場合もあります。
それらの料金がいくらなのか、いつまで固定されているのかは早めに確認するようにしましょう。

拡張性はあるか?

技術的なニーズによってビジネス成長が制限されるのは避けたいものです。

従来型のCMSやオンプレミス型のCMSでは、オンライン・プロジェクトの規模を拡大するために、帯域幅の追加や大規模なサーバーの購入が必要になります。新しいサイトを構築し、複数のサイトを一度に管理するのは大変です。
SaaS型CMSベンダーは、製品の拡張が容易であることを自慢していることが多いですが、その例やデモを確認するようにしましょう。また、プラットフォームが同じダッシュボードから複数のサイトを管理できるかどうかも確認しておきましょう。

信頼性はあるか?

セキュリティと稼働時間は、重視すべき2つの重要な領域です。SaaS CMSは信頼性と拡張性を重視して設計されていますが、すべてのSaaS CMSベンダー広告で示している情報に応えられるとはいえません。
SaaS CMSは、ユーザーエクスペリエンスを低下させることなく、トラフィックの急増やマルチサイトトラフィックに簡単に対応できるものでなければなりません

マーケターが利用しやすいものであるか?

スムーズな移行プロセスを望むのであれば、組織内で最もCMSを利用する人、つまりマーケターや記事のライターがCMSを利用できるかどうかを確認しましょう。

そのCMSは、フロントエンドテンプレート(HTML文を簡単に書ける)やWYSIWYGインターフェース(見たままの処理がなされ、わかりやすい)のない、純粋なCMSですか?その場合、マーケターやライターが簡単に記事を書くための適切なツールを用意しておきましょう。
もしそのようなツールがCMS上で利用可能であれば、あなたがすべきことは、それらの機能が最新のものになっているかどうかを確認することです。

将来性はあるか?

ヘッドレス、デカップリングされたコンテンツ管理といえば、何らかの形や形でこれらのカテゴリのうち少なくとも1つに当てはまるCMSを採用するのが賢明です。

何年もかけて新しいデバイスやチャンネルが登場してくると、どこにでもコンテンツを配信できるCMSが必要になってきます。そのため、将来を見据えて、ヘッドレスでのコンテンツ管理が可能であることを確認しましょう。

サービスレベルアグリーメント(SLA)は公平か?

SaaS製品を選ぶ際には、SLAにサインする必要があります。この契約書には、通常、ベンダーが引き受けるコミットメントと、それを怠った場合に発生するペナルティの概要が記載されています。

例えば、ベンダーは一定の割合のアップタイムを提供することを約束したり、メールやサポートリクエストへの応答時間を約束したりすることがあります。これらの要素がすべて整っていて、ブランドが必要としているものと一致しているかどうかを確認してください。SLAがスクラッチに対応していない場合は、恐れずにベンダーに連絡して修正を依頼しましょう。

カスタマーサポートはどのようなものか?

最後に、既存の顧客へのサポート体制はどうなっているかを確認しておきましょう。緊急時には迅速に対応してくれるか?彼らは一日のすべての時間で利用可能ですか?彼らもフレンドリーですか?

任意のベンダーは、求愛のプロセス中に彼らの最もきれいな顔を表示されますので、ここで本物の答えを得ることはトリッキーです。だから、デジタルカーテンの後ろに何が起こっているのかの明確な画像を取得するために、ベンダーの既存または過去のクライアントに手を差し伸べてみてください。

SaaS CMSベンダーに聞くべき質問

検討しているSaaS製品が上記のリストと照らし合わせてチェックアウトした場合、ベンダーに質問を投げかけて、自分の発見を確認してみましょう。ここでは、いくつかの質問をしてみましょう。

□プラットフォームに新機能を追加する予定はありますか?どのように?どのくらいの頻度で?
□月額料金以外の追加費用はありますか?
□サイトのバックアップはどのようにしていますか?
□現在のセキュリティプロトコルはどのようになっていますか?
 システムが破られた場合の対応はどうしていますか?
□顧客からの機能要求にはどのように対応していますか?
□データの移行はどのように処理していますか?
□どのようなレベルのサポートが利用できますか?
□パッケージのアップグレード(より高いレベルのサービスへのアップグレード)は
 オンデマンド(顧客要望に合わせて適宜提供され)利用できますか?
□現在、どのような統合をサポートしていますか?そのリストは拡張されていますか?
□私のITチームはどのくらいの追加サポートを提供する必要がありますか?

まとめ

SaaS製品は導入や導入が非常に簡単で、万が一うまくいかなかった場合にはすぐに手放すことができます。確かにこのような状況は考えたくないものですが、技術を購入するのではなく、技術を借りているのであれば悪夢ではありませんよね?

良い面を振り返ってみると、大企業がSaaS型CMSソリューションを採用するケースが増えてきているのには、それなりの理由があります。コンテンツ管理に柔軟性があり、革新的で拡張性の高い解決策を求めている大企業にとって、SaaS型CMSは理想的なソリューションといえるでしょう。あなたの企業でも初めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です