ERPシステムの選択ガイド〜企業の基幹系システムを選ぶためのポイント〜

ERPの選択方法について解説

ERPシステムについては、企業の基幹系システムとして様々な組織にて採用されています。
会計・人事・生産等の企業の根幹をなす部分を解決するERPの選択は本当に重要な役割を示します。
今回の記事では、最適なERPベンダーを見つけるための方法として、ガイドをまとめました。

ERPとは?

ERPとは、Enterprise Resource Planning(企業資源計画)の略で、企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を適切に分配し有効活用する計画=考え方を示します。
このような資源をムダなく有効活用し生産効率を高めていく考え方を経営の効率化に応用したものとして、「基幹系情報システム」という意味でも使用されます。
ERPは他にも統合基幹業務システム・基幹システム・ERPパッケージ・ERPシステム・業務統合パッケージなど様々な呼び方もされています。

ERP(基幹系情報システム)は、企業の「会計業務」「人事業務」「生産業務」「物流業務」「販売業務」などの基幹となる業務を統合し、効率化・情報一元化を図るシステムとして誕生しています。
具体的には、以下5つに分類されたシステムを統合し、ユーザーへ提供します。これらのシステムは、多くの企業で共通して利用され、企業運営に欠かせないものとなっています。

  • 会計管理システム
  • 販売管理システム
  • 在庫購買管理システム
  • 生産管理システム
  • 人事給与管理システム

適切なERPを見つけるメリット

良いERPソリューションが見つかった場合、資源をムダなく有効活用し生産効率を高まりますので、次のようにあなたのビジネスを助けることができます。

  • 資源管理を助け、競争力向上を助ける
  • 倉庫内の資源がリアルタイムで管理可能となる
  • 人事・生産含めた日常業務の管理と改善

最適なERPを見つけるために

ERP選定に向けた社内理解

ERPシステムを選択することは本当に大変なプロジェクトであり大きな負担がかかります。そのためあなた自身が多くの時間を割けるように準備し、社内に理解してもらうことが重要です。
そのため、時間を十分に割け、様々な疑問をぶつけられるように、営業担当者やアカウントマネージャーと連携するようにしましょう。

社内業務を整理(社内の目標・予算・スケジュールの確認)

正しいERPを選ぶためには、社内環境の整理として、会社の目標、予算、およびスケジュール決定の社内会議を実施することが必須となります。ERPには以下のように重要システムが統合的に含まれます。

  • 会計管理システム
  • 販売管理システム
  • 在庫購買管理システム
  • 生産管理システム
  • 人事給与管理システム

このように、製造から顧客サービス(エンドツーエンド)や人事情報等、企業行動の重要なプロセスに関与しますので、すべての業務ステップを識別して、ERPソリューションが最も刺さる(効率化が進んでいない)場所にアプローチすることが重要です。

またERPは、顧客サービス・生産・サプライチェーン・出荷などのいくつかの生産部門で使用される可能性もあります。この場合は特に会社の目標だけでなくお客様にも大きく関わりますので、ERPに関わる営業などに直接聞いて、現場ニーズを考慮することも不可欠です。

どんなERP提供会社を選ぶべきか?

ERPのシステムと同じ位重要なのが、ERP提供会社の選定です。
ソフトウェアの機能を社内打ち合わせで整理した後は、自社のフローにあったシステムを整理した上で「どんな会社なら任せられるか?」の考慮を進めていきましょう
以下にそれらのチェック観点の例を示します。

サポートの充実度

ERPは企業の根幹をなしますので、継続的なサポートをつけることが基本となります。
システム導入後、ERP提供会社がどこまでのサポートをしてくれるのか?不具合時にいつまでに対応してくれるのか?について、確認していきましょう。その上で契約時にSLA(サービスレベルの合意)を設定しておくのが良いでしょう。

研修・マニュアルの継続性

ERP利用に向けてのシステム理解は必須となります。システム理解に向け必要となるのは初期研修とマニュアルですが、これらはしっかり更新されているでしょうか?
研修は初期研修だけでなく、追加サービスや定期的なサポートなどを提供しているかも重要です。
社内で従業員研修をする場合に、提供会社からどんなサポート資料がもらえるか?は確認しておいた方が良いでしょう。

評判

提供会社との打ち合わせを実施する前に、顧客からのレビューをオンラインで検索してみてください。提供企業が好意的な反応であるかに加え、提供企業が誇大広告をしており何か落とし穴がないか、情報収集ができます。客観的な意見を入れることで、打ち合わせ時にも提供会社を冷静に見ることができるでしょう。

ただ、レビューは良くも悪くも個人の感情が入ります。否定的すぎるレビューや好意的すぎるレビューについては、本当にそうか?という考えを持って慎重に判断して下さい。

ERP提供会社への質問事項

ERP提供会社の情報収集が終われば、ついに打ち合わせです。この章では提供会社にどんな質問をしていくか?についてお話ししていきます。
まず前提ですが、初めに記載した通り社内の状況とどんな要件を求めているか?については打ち合わせに参加するあなた自身が十分に理解しておく必要があります。やりたいことが明確ならば、提供会社と徹底的に議論することでより価値を高めることができます。
また、当然ながら情報収集の打ち合わせは複数の企業に依頼して比較検討を進めていきましょう。

無料デモとトライアルの実施は可能ですか?

そのERPがビジネス上最適であるかどうかを知るために最も良いのは、実際の環境に合わせてテストを行うことです。実際に使用する、あなたがより深い質問で戻ってくることができるように、あなた自身でそれを使って周りを遊べるようにすることができることが重要です。

ソフトウェア実装にかかる期間はどれくらいですか?

良いシステムを見つけたら、できるだけ早く構築することで更にビジネスを効率化することができます。ビジネスのニーズと要件を議論したら、自社の規模に応じてシステム構築にかかる時間を問い合わせてみてください。できるだけ早くが好ましいですし、あまりに早すぎないか?作業がどのようになるのか?も意識したいですね。

サポートや研修はどのようなものを提供していますか?

運用フェーズにおいては、アップデートや継続的なサポートが重要となります。システム構築が完了した後、その後どんなサポートがあるのか?どういったプランなのか?についてベンダーに確認しましょう。

価格設定はどのように動作しますか?

組織としての予算に合わせて、最適な価格で最高のソリューションと機能を提供してもらうため、提供会社に交渉を行いましょう。自社の規模で使える割引がないか?についても確認しておきましょう。

サービスの参考資料が提供可能か?

サービスの資料についてはベンダからデータもしくは紙でもらいましょう。
社内で共有しやすくなるとともに、他会社との比較に使用できるようになります。

アップグレードはどのように動作しますか?

経営の状況やITトレンドは刻一刻変化しますので、継続的に製品が改善されているかは重要なポイントです。提供会社に、定期的なシステムアップグレードを行っているかを確認してみて下さい。
ソフトウェア会社がどのように柔軟であるかを話すので、ベンダーがアップグレードを処理する方法について尋ねるようにしてください。

その他の質問

上記の質問に加えて、調査や発見のプロセスで質問することを検討する際に便利な質問のリストをご紹介します。

・これまでに何件の導入を成功させたことがありますか?
・当社と同じようなビジネスを手がけたことがありますか?
・理想の顧客ターゲットは誰ですか?
・何人のフルタイムのアカウントマネージャーがいますか?
・保証や保証はありますか?
・ソフトウェアはどのようにライセンスされていますか?
・どのように顧客満足度を確保するために働くのですか?
・どのように通常、プロジェクトの障害物を処理しますか?
・ソフトウェアはどのようにカスタマイズできますか?
・貴社のソリューションは競合他社とどのように違いますか?
・貴社のソリューションはどのように私の業界に特化していますか?
・導入にはどのくらいの時間がかかりますか?
・問題や質問への対応は迅速ですか?
・製品の将来の計画はどのようなものですか?
・ソリューションは拡張性がありますか?

まとめ

ERPについてご説明しましたが、いかがだったでしょうか?
ERPを選択することはとても重要であり、大変な作業です。そのため、多くの準備を行い、しっかりと比較検討することが必要ですし、多くの質問をして満足したサービスを見つけましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です