「分かりやすく相手に伝える力」を身につけよう〜1分で伝えるための基本とポイント〜

はじめに

話が長いと言われる!もっとわかりやすく伝えたい!そんな思いをお持ちの方はとても多いのではないでしょうか。生活でも仕事でも重要な「分かりやすく相手に伝える」技術。話すのが上手な人を見ると簡単そうですが、実際にしてみるとなんとも難しいですよね。

この記事では「わかりやすく相手に伝える力」を身につけたい人に向けて、伝えるための基本、伝わる話し方について解説していきます。
この記事のポイントを理解して、ぜひ「分かりやすく相手に伝えられる人」になりましょう!

「伝える」上での基本

「清潔な見た目や日頃のコミュニケーション」で相手の心を準備させる

相手に伝えるためには、相手の心を準備させる、つまり話を聞く気持ちにさせることが大前提です。

日頃から会うことができるならば、日常の言動うや行動に気を配りましょう。
日常的な挨拶だけでも話を聞いてくれるようになるはずです。

初対面の場合に特に効果的なのは「清潔さ」です。
「人のイメージは第一印象」と言われるように、人間は他人とコミュニケーションを取るとき、
「言語:7% 聴覚:38% 視覚:55%」の割合で相手を判断すると言われます。
(これをメラビアンの法則と言います)

清潔な見た目を心がける、日頃の挨拶等のコミュニケーションを心がけましょう。

相手をどう動かしたいか?を明確に

相手に伝える前に「この内容を伝えた後どうしたいのか?」を明確にしましょう。

相手に何かを「伝える」際、皆さんの頭の中にはその後に相手に〇〇してほしい?があるはずです。
例えば、芳しくない営業案件を上司に報告するならば、
「手助けが欲しい」「不安になる状況だが私に任せて何もしないで欲しい」「今後助けを求めるかもしれないので準備してほしい」ですし等、してほしいことがあるはずです。

話を聞いている相手も「何がして欲しい」かを聞いているので、して欲しいことが明確になっていないと「何が言いたいんだ?」と混乱してしまいます。

話すときのポイント

視線:相手をしっかりとみる

伝える際はまっすく相手を見るようにしましょう。
「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、目線はとても重要です。
相手をしっかり見ることは「相手に伝えたいと本気で思っている」と相手に伝えることになります。聞く気持ちにさせ、その後動いてもらうために視線が重要です。

手振り:適度な手振りをして、大げさにはしない

伝える際は適度な手振りをつけることが重要です
後述するように、伝える際は「相手にイメージさせる」ことが重要ですので、手振りを加えていきましょう。ただ、大げさにするとそちらが気になって集中できなくなりますので、適度を心がけましょう。(適度かどうかは、他の人にチェックしてもらってみましょう。)

声:声の強弱を明確化

相手に強調したいところは大きな声を出し、ここだけの話をするならこっそりと、など
自分の言いたいことに合わせた声の強弱をつけましょう
特に大人数に話す時には、ミュージシャンのように距離感を小さくして引き込むことが重要です。
強弱をいつもより3割増しにすることを意識してみましょう。

間合い:話の区切りで長めに間を取る

会話やプレゼンでは、「内容を咀嚼してもらう、考えてもらう」ことが重要です。
そのために会話の伝えたいことが一旦終わったタイミングで3秒くらい時間をおいて、考えてもらう時間をとった後続きを話すようにしましょう。

まとめ

「わかりやすく相手に伝える」技術の習得に向け、伝えるための基本と伝わる話し方についてお話ししました。続きは以下記事にて「どんな内容が伝わるのか?」について紹介しています。
続けてこちらも確認して、わかりやすく伝えられるようになりましょう!

「分かりやすく相手に伝える力」を身につけよう〜1分で伝えられる話の内容とは?〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です