「読みやすい言葉」を作ろう〜より魅力的な言葉で相手を惹きつけよう〜

「読みやすい言葉」を身につけよう

私たちの生活では「言葉」を使う機会に溢れています。
プレゼンや企画書、雑談もそうですし、相手に商品や企業の良さを伝える広告も「言葉」が必要不可欠です。実際にあなたも、プレゼンや文章で「どう伝えたら動いてくれるだろう…」と使う言葉に悩んだことはないですか?

今回の記事では、より強く相手に伝わり相手を動かせる「力のある言葉」について解説します。
「力のある言葉」を活用して、生活やビジネスをより良くしましょう!

「読みやすい言葉」のためのポイント5選

ポイント① 「1文1意」内容を詰め込まない

文章は「1文1意」で40〜60文字以内とし、内容を詰め込まないことが大切です。
あなたも仕事で、長々としたビジネス用語で書かれたメールや書類の文章に辟易したことがあるでしょう。思いつくことを羅列して長くするなら誰でもできます。重要なのは「短く言いたいことをまとめる」ことなのです。

この実践にあたり、おすすめの考え方を紹介します。
提案書や広告などは、相手からすると日常には必要ないものです。
「相手は自分の文章を読みたくない」という前提を持って作れば、より相手に伝わる内容となるでしょう。

ポイントまとめ!
・「相手は自分の文章を読みたくない」という前提で文章を書く
・1文1意となるように文章をまとめる
・1文は40~60文字で抑えよう

ポイント② 伝わりづらい言葉を無くそう

読みやすい言葉に向けて、伝わりづらい言葉を無くすことが必要です。
ここでは、伝わりづらい言葉をいくつか紹介します。

1. 抽象的な言葉
ビジネス文章によくある、カタカナ語や抽象的な日本語は避けましょう
例えば、「コアコンピタンス」「コミット」「洗練された」「魅力的な」「多くの」など、よくビジネス文書で使われていませんか?このような言葉は相手によって捉え方が変わる危険を伴います。
できる限り抽象的な表現を避けて具体性を高めましょう。

2. 繰り返しの言葉
文章で同じ内容を繰り返さずまとめることを心がけましょう。
それにより、言いたいことを1文で短く伝えられるはずです。

例えば極端な例ですが、
 「このビジネスはすばらしいです。なので、このすばらしい企画を進めていきましょう。」
はあまりに無駄が多いですよね。これならば
 「このビジネスを進めましょう。その理由は〜」
と言った方がよっぽど伝わるはずです。

3. 過剰すぎる敬語
過剰すぎる敬語はわかりづらく、逆に失礼に当たることもあります。
敬語は重複させず最小限とし、言いたいことが誤解なく伝わるようにしましょう。
例えば、「〇〇させていただけないでしょうか?」ならば「〇〇しましょう。」とした方が相手も自分もわかりやすいでしょう。

4. こそあど言葉や接続詞
こそあど言葉や接続詞を消して、同じ内容の文章をまとめましょう
例えば「このケーキは美味しいです。これは見た目も綺麗でとても素晴らしいです。」は
「このケーキは見た目も味も一級品です。」に言い換えられるでしょう。
繋げられる文章はまとめられるということです。一度まとめて内容を吟味してみましょう。

ポイントまとめ!
・カタカナ言葉や抽象的な言葉は使わない
・同じ内容の文章を繰り返さない
・過剰な敬語をなくす
・こそあど言葉や接続詞は文章をまとめられないか考える

ポイント③ 緊急性を伝えよう

相手の心に訴えかけるのは、緊急性が最も有用です。言葉で相手に緊急性を感じさせることができれば、簡単に行動に移してもらうことができます。

文章や広告なら、緊急性を感じさせる言葉を使ってみましょう。
「期間限定」、「残りわずか」、「期間限定キャンペーン」などのシンプルなフレーズは、訪問者に決断を促すことができます。

ただし、これらの言葉は使いすぎると信憑性がなくなってしまう可能性もあります。どのくらいの頻度で使用するかは目的に合わせて慎重に判断しましょう。

ポイントまとめ!
・相手に緊急性を感じさせる言葉を活用
・緊急性の高い言葉は使い過ぎに注意

ポイント④ 相手に行動をイメージさせよう

人を動かす上では、相手にイメージを持ってもらうことが重要です。
例えば、部屋を借りる際にはその場で買わず、内覧で家具の置き場所含めイメージしてから買いますよね。このように、買うかを決めるポイントの一つとして「使ってどう変化するのか?」が重要です。

イメージさせるためには、色や音の記載やその後の気持ちを伝えることが重要です。
例えば、ステーキに誘う言葉として以下のふたつを比べてみてください。
「ぜひ美味しいステーキを食べにいきましょう!」
「目の前でジューっと焼ける肉を噛み締めると、口の中に広がる肉汁。食べ終わった満足感。ぜひステーキを食べましょう!」
イメージがあるだけで動く気持ちになるのではないでしょうか?

ポイントまとめ!
・相手にイメージを伝えることが必要
・イメージさせるためには、色・音・その後の気持ちを伝えるのがポイント

ポイント⑤ 同じ言葉で一貫性を持たせる

使用する言葉は同一とし、似たような別の言葉を使っていないか確認しましょう。
「ビジネス」「企画」「コンセプト」「戦略」等、ビジネス用語は似たような言葉が多いですが、違う言葉は違う意味と捉えられ、伝わらなくなる危険があります。

また、文章の内容自体も目的に合わせて一貫性があるか?も文章を作る上では一度確認してみましょう。

ポイントまとめ!
・同い言葉を使用し、似た言葉は使わない
・内容に一貫性があるかチェックする

最後に

SNS等で誰もの言葉が伝わる現代、言葉には大きな力があります
使う言葉に注意をもち、より読みやすい言葉とすることで今後のコンテンツマーケティングや広告がより効果的なものとなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です