【まだ間に合う!】最短一発合格;ITストラテジスト試験(文系・業務未経験)

 来たる4月17日(日)には、IPAのITストラテジスト試験(通称;ST)が開催されます。文系・業務未経験の筆者が一発合格したポイントをお伝えしていきます。
 正しく知識を理解出来ているかは一旦置いておいて、とにかく何が何でも試験に合格したい!という人は参考にしてみてください!(体系立てて試験勉強を行いたい方にはお勧めできません)

今回は、図解でも紹介しています。時間がない方は、図解だけでも目を通してみてください!

ITストラテジスト試験(ST)とは

 ITストラジスト試験は、IPA(情報処理推進機構)によって年に1回開催される試験になります。詳細の概要は公式HPを見てみてください。

1.対象者像

 高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術(IT)を活用して事業を改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者。また、組込みシステム・IoTを利用したシステムの企画及び開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する者(公式HPより引用)

2.試験時間・出題形式・出題数

 試験時間は、計400分であり、1日がかりの長丁場となります。試験区分は4つの分類されており、全ての試験区分で合格点に達する必要があります。前の試験区分で合格点に達していない場合は、次の試験区分は採点されないことも覚えておきたいですね。(午前Iで不合格の場合は、午前Ⅱ採点なし=点数不明になる)

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html

3.合格率

 令和元年度試験(筆者合格の回)では、応募者が7,527人で、合格率が15.4%でした。他のIPA試験での概ね20%前後の合格率のことが多く、ITストラテジストはIPAの試験区分の中でも難関の資格と位置付けられています。

合格のための最短TODO

 文系・業務未経験の筆者が一発合格できた方法をお伝えしていきます。ITストラテジスト試験では、午後I、IIの記述式が難関試験となるポイントですが、事前準備をしっかりと行うことで、試験当日用意してきた文章を当てはめるだけで攻略できます

筆者受験当時のスペック

●IT企業勤務なものの、IT系業務に一切関与なし
●文系・IT知識に疎い
●応用技術者取得済(午前Iは免除資格あり)

午前Ⅰ、II試験の攻略

午前Ⅰ攻略

 午前Ⅰ試験については、同時開催の応用情報技術者試験の午前問題80問から30問が抜粋されて出題されます。そのため、ITストラテジストの午前I試験対策は、応用情報技術者試験の午前対策と全く同じになります。
 時間がない中で、テキストの前から1項目ずつ勉強していては、絶対に間に合いません。午前Iの攻略に向けては、過去問道場をやりこんでください。

●勉強時間;15時間

●具体的な勉強方法
 ①問題をとりあえずやってみる
 ②分からない単語を調べ、理解する
 ③10回分を3回繰り返し(答えを丸暗記してしまっても良い)

午前Ⅰの問題について、直近過去2回分の過去問内容からは出題されません!より直前の勉強には、それ以前の過去問により注力

午前Ⅱ攻略

 午後Ⅱの試験に関しても、過去問を徹底的にやり込む作戦になります。問題の難易度自体は、午前Ⅰと大差はないものの、よりストラテジスト分野に絞った問題が出題されます。また過去問の問題数も午前Ⅰと比較すると多くはないため、過去問の問題文や回答の周辺知識も押さえておきたいところです。

 過去問については、過去問WEB問題集を使用してください。

●勉強時間;25時間

●具体的な勉強方法
 ①問題をとりあえずやってみる
 ②分からない単語を調べ、理解する
 ③10回分を3回繰り返し(答えを丸暗記してしまっても良い)

午後Ⅰ、II試験の攻略

 ITストラテジスト試験において一番の鬼門となるのは、午後Ⅰだと筆者は感じていました。大問3つの中から、2つを選び、回答していく。かなり試験時間もタイトとなるため、重点的に対策を行う必要があります。

午後I攻略

 午後Ⅰ試験では、問題文の中に必ず記載すべきフレーズがあり、それをどれだけ早く確実に導き出せるかがポイントとなります。解答の語数が指定されているため、ある程度問題文から目星をつけることが可能です。

●勉強時間;35時間

●おすすめ教材
 ー情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版

●問題の解き方
 ①設問の内容と指定語数を確認(問題文をまず頭から読まないこと!)
 ②問題文から①の設問内容の解答フレーズとなりそうな箇所を探す
 ③キーワードを使い、語数に合うように記載
 →どうやってキーフレーズを導き出したか、過程を丁寧に辿る

必ず問題文の答えとなるキーフレーズあり!独自の考えを書いても、点数にはならないことを理解しておく

午後II攻略

 午後Ⅱ試験では、2,000字の論文を書き切る、その姿勢こそが合否を分けるポイントです。長丁場の試験における最後の高い壁、それが午後Ⅱです。試験当日にストーリーを組み立て、記載することはおすすめしません。
 あらかじめ、汎用性の高いストーリーネタを準備しておき、試験当日はネタの中から出題された問題にあうネタを選び、記載するだけにしておくことが大切です。

●勉強時間;25時間

●おすすめ教材
 ーITストラテジスト 合格論文の書き方・事例集
  →教材を元に、自分でも書けるネタを複数準備
  →ポイントは簡単で汎用性の高いネタを作成

●問題の解き方
 ①問題分から解答すべきポイントを探す
 ②自分のネタから使うべき事例を決定
 ③あとは最後まで必死に書き切るのみ

午後Ⅱの試験のネタは、実体験を元に記載が求められているように感じます。ただ実体験かどうかは採点官は確認しようがないため、ネタを作り、当てはめた方が合格する可能性が高いです。

まとめ

 ITストラテジストの攻略記事はいかがだったでしょうか。試験まであと2週間と迫る中、文系・業務未経験ながらも一発合格となった筆者の戦略を記載してみました。ITストラテジストはIPAの中でも最高峰と位置付けられる資格であり、目標にしている方も多いのではないでしょうか。合否を分けるポイントは、事前の戦略的な準備と本番の諦めない力だと思っています。本記事が少しでもITストラテジスト合格を志す受験者の方の合格の手助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です