【日商簿記2級(CBT方式)/操作デモあり】CBT方式ならではのポイント・独学で一発合格した勉強方法を紹介

先日(2021年4月)、日商簿記2級のネット試験を受験し、無事一発で合格しました。日商簿記におけるネット試験は、2020年12月から開始しています。今までの受験(ペーパー試験)とは異なる点、ネット試験ならではの点について筆者の体験を踏まえ、解説したいと思います。では、簿記2級の試験内容・勉強法・受験時の感想などについて、ご紹介していきます。

下記は、商工会議所からのネット受験に関する注意点です。受験される方は参考にしてみてください。

試験概要;日商簿記2級

日商簿記2級(ネット試験)の概要です。

正式名称日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験
受験資格なし
試験時間90分(ネット試験)
受験料4,720円
公式HPhttps://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

2021年4月時点で、ネット試験の合格率は明らかにはなっていないですが、紙の試験では大体20%前後になることが多いです。

ここからはCBT方式での受験方法、ポイントについて見ていきます。

CBT方式とペーパー試験との違い

CBT方式とは何か

商工会議所が指定する試験会場に赴き、PC上で日商簿記2,3級の試験を受けることができます。

結果は無事合格で、このようなデジタル合格証というpdfをもらえます。
3月までに受けた方は紙のカードも貰えたようので、あと少し早めに受ければ良かったと後悔しました。(https://www.kentei.ne.jp/33364)

筆者は、最寄りの試験会場で試験を受験しました。私は朝が苦手なので昼過ぎに受験をしました。好きな会場を選べることはとても大きなメリットかと思います。

CBT方式とペーパー試験との違い

ここでは、CBT方式とペーパー試験との違いについて見ていきます。CBT方式自体は2級も3級も大きな違いはありません。1級の試験には対応していないので、受験を検討されている方は、受験の試験レベルに合わせて、検討してください。


◆試験時間
・CBT方式;90分
・ペーパー試験;120分

CBT方式では、ペーパー試験に比べて30分試験時間が短くなっています。

ただ、CBT方式では、第一問の仕分け問題の勘定科目などもドロップリストの選択式で選ぶことが出来ますため、そこまで試験時間の短縮は影響がないと思います。

CBT方式では、受験後すぐに結果がわかります。紙の試験だと合格発表までに時間がかかるので、より早く結果を知りたい方にはおすすめです。

◆試験時期
・CBT方式;任意の時期
・ペーパー試験;指定時期(年3回)

CBT方式では、好きなタイミングでも申し込み、好きな日程で受験することが出来ます。
一定期間の試験停止期間があるため、最新情報は申し込みサイトを確認してください。ペーパー試験では受験日が決まっているため、なかなか仕事の都合をつけにくい、といった方はぜひCBT方式にチャレンジしてみてください。

◆受験環境
・CBT方式;テストセンターでの受験
・ペーパー試験;各商工会議所指定の受験会場

CBT方式では好きな受験会場で実施できることが最大のメリットです。

試験本番のメリット・デメリット

試験本番のメリット3点

メリット①:勘定科目がプルダウン

大問1を解く時にプルダウンで勘定科目の選択ができるので、勘定科目の入力が容易にできました。選択肢もかなり少なく迷う余地が減ると思います。紙の試験だと、沢山ある選択肢の中から選ぶ必要があるので、操作が簡単です。

メリット②:カンマが自動挿入

紙の試験だと、カンマは自分で打つ必要がありますが、PC上で数字を入れると勝手にカンマが挿入されるのでありがたかったです。カンマのうち漏れがなく且つPC上だと数字もそろうので見やすかったです。

カンマを入れ忘れると、桁数を間違える原因となるので、自動でカンマ挿入してくれるのは助かります。

メリット③:結果がすぐ出る

紙の試験だと、採点し結果が出るまでに時間がかかりますが、ネット試験だと試験後すぐに結果が出ます。落ちてしまった場合はすぐに現実を突きつけられることになるのですが、いずれにせよ早く結果が出るのは、個人的にはありがたいです。

メリット+α:試験が簡単?

これは個人的な感想になありますが、紙の試験よりも簡単に感じました。CBT方式はまだ運用が始まったばかりなので、試験問題数が少ないのかもしれません。また時間が紙の試験よりも30分短いので問題の難度が下がり、計算が得意な人は時間にも追われないので簡単に感じるのかもしれません。おそらく今後は難化して、紙の試験と同程度の合格率になるのではないかと思います。

どうしても簿記2球を取得したい!という方は、今はチャンスかもしれません!ぜひチャレンジしてみだください。

試験本番のデメリット3点

デメリット①:ペンで解く必要があった

試験を受ける時は、紙とペンを渡されるのですが、普通の黒ボールペンだったので、消せなくて個人的に困りました。試験がPC上だから、モニターを見ながら解く練習はしていたものの、ボールペンだったのは少し残念でした。これは試験会場に依るのかもしれませんが注意が必要かもしれません。

デメリット②:音がうるさかった

これも試験会場に依るのかもしれませんが、音がうるさくて少し気が散りました。新型コロナの影響もあり、窓が開いており風の音がずっとしていました。ただ、どうしようもない事なので、我慢するしかないですね。

デメリット③:失点の箇所がわからない

試験結果は開示されるのですが、大問ごとの点数が開示されるだけで、どこを間違えたのかがわからないです。また試験問題も持ち帰ることができないため、どこを間違えたかが分かりにくいです。今回は合格だったため問題はなかったものの、不合格の場合は、どこを間違えたか確認できないので、デメリットとなります。

試験デモ画面

簿記2級試験のデモ画面を作成致しました。本デモは、簿記 ネット試験(操作体験版)にある簿記初級操作体験プログラムを基に作成致しました。全画面表示をしたい方は、コチラからご確認ください。携帯電話では、上手く操作ができない可能性があるため、PC推奨です。

独学で合格した勉強方法

ここからは独学で一発合格した勉強方法を紹介していきます。

勉強開始時のレベル

試験勉強と一口に言ってもどういったレベルからスタートするのかによって、イメージが変わると思うので、筆者のスペックを下記に箇条書きにしておきます。過去に簿記3級を取得していたので、簿記がどういったもので、何をする資格なのかはわかっているが、細かいところは忘れてしまったという状態からスタートしました。

簿記2級は工業簿記で点数を稼ぐと一般的に言われております。簿記2級では、商業簿記と工業簿記があり、工業簿記の方が点数を稼ぎやすいと言われています。

勉強開始時の筆者
  • 簿記3級は取得済み(4年前のため、記憶は曖昧)
  • 工業簿記の一部は大学で触れたことがある(こちらも4年前のため、記憶は曖昧)
  • 理系なのでそこそこ数学はできる

利用した参考書

簿記2級対策として、私が利用した参考書です。ネット試験を受験しましたが、書籍は通常の簿記と全く同じものを利用しました。私は、参考書と過去問で演習を行いました。演習を沢山積みたい方は下記に取り上げる本に加えて、演習本の購入を検討してみてください。

参考書

商業の参考書には、簿記の参考書では定番の「スッキリわかる 日商簿記2級」を活用しました。下のリンクには最新の第13版のリンクを貼っていますが、私は貰い物の11版を活用しました。最新版にはネット試験を体験できる模擬試験プログラムが付属しているので、ネット試験をお考えの方は最新版を購入する事をお勧めします!私の時は、まだ第13版が発売されていなかったため、型落ち商品を使っていたものの、わかりやすく説明されているので、すんなり理解することができました。


そして、工業の参考書でも同じシリーズの「スッキリわかる 日商簿記2級」を用いました。こちらも商業簿記同様、最新版にはネット試験を体験できる模擬試験プログラムが付属しているので、最新版の購入をお勧めします。

過去問題集

過去問は、「合格するための過去問題集 日商簿記2級」を使いました。理由としては、過去問が12回分載っていて豊富だと感じたからです。私は演習問題は一切行わずに、過去問だけを解くことにしていたため、過去問が豊富に載っているこの書籍にしました。ネット試験とは傾向がやや異なるのですが、問題なく演習が積めました。

勉強方法と勉強時間

結論から言うと、勉強期間は6週間で、勉強時間が約100時間でした。勉強方法については順を追って下記に示していきます。

試験本番6週間前|勉強時間20h

まず最初にいつ試験を受けるのか決めました。皆さん仕事や家庭の事情などあると思いますが、ネット試験では繁忙期を避けて試験に臨むことができるので、都合の良い日程・時間を選択して予約すれば良いと思います。平日がお仕事の方は、土日に試験を受けることになると思いますが、土日は予約が早く埋まってしまうため、なるべく早くに日程を決めた方が安心です。反対に平日に受験する予定の方は比較的余裕があるので、もう少し後でも問題はないです。

実はこの時点では8週間後に試験を受けようと思っていました。途中で勉強の進捗状況から試験日程を早めましたが、試験日程の変更を容易にできることもネット試験のメリットだと思います。

そして、本題の勉強内容ですが、私は商業の参考書を読んで、仕訳内容を理解することに努めました。私は工業で点数を稼ぐつもりだったため、忘れる可能性を減らすために、工業は敢えて後回しにしました。勉強の流れとしては、下記のような感じです。

  1. 前日の内容を復習(忘れてた箇所にはチェック)
  2. 50ページ前後読み、理解を深める
  3. ①でチェックした箇所を再度復習

私は暗記物は寝る前にやると昔から決めているので、就寝前に勉強をしていました。エビングハウスの忘却曲線に沿うような形で勉強するのがベストだと思っているため、逐一確認は怠らないようにしていました。

試験本番5週間前|勉強時間18h

試験本番5週間前でも前半は、先週に続き商業の勉強をしていました。毎日勉強ができていれば、1週間強で学習が済むのですが、簿記の勉強以外にも色々やることがあり、勉強できない日もあったので、商業の範囲を復習・理解を続けました。

1週間の後半で商業の範囲を読み終えたので、復習日を設けて商業全体の確認をしました。その後、工業の範囲の勉強を開始しました。

試験本番4週間前|勉強時間8h

試験本番4週間前では、先週の続きで工業の勉強をしていました。本当はこの週で工業を完成させるつもりだったのですが、本業が忙しくあまり時間が取れませんでした。結果として工業を終わらせることができず、翌週に回しました。

試験本番3週間前|勉強時間12h

この週も忙しくあまり時間が確保できませんでした。ただ、個人的に必達目標としていた工業範囲を理解し終えることはできました。工業は商業より覚える内容が少ないため、商業よりは勉強が楽でした。そして、工業終了後は演習として過去問に取り組み始めました。過去問の取り組み方を下記に示します。

  1. 過去問の大問を1つを解く
  2. 大問の採点を行い、誤った箇所にチェックを付ける
  3. 誤った箇所の範囲の参考書を再度読む
  4. 次の大問に進む

特徴としては、時間の計測はせずにじっくり解いた事です。自分の当時の実力だと素早く解くことはできないと考えていたので、ゆっくり確実に解くことを目標としました。

試験本番2週間前|勉強時間25h

先週に過去問を解き始めて、全然合格できる気がしなかったので、焦って勉強量を増やしました。勉強の流れは先週と変えることなく、黙々と勉強を進め理解の定着を図りました

また、私が使用していた過去問題集には、巻頭に大問ごとの試験範囲の表があったため、それを参考にして自分の弱点がどこにあるのかを探りました。

試験本番1週間前|勉強時間15h

本業が忙しく、数日間勉強のできない日があり、思うように勉強時間が確保できなかったです。試験日程を4月初旬にした過去の自分を恨みました。

勉強面では全範囲を頑張って解くことは厳しいと考え、工業で満点が取れるように選択と集中を行いました。また、過去問も全部解くことは諦めて、間違えた問題にフォーカスしました。結果論としてはこれが奏功したと思います。

そんなこんなで紆余曲折ありましたが、6週間の勉強を終えて、試験本番を迎える運びとなりました。

余談|進捗管理とモチベーション

私は、勉強の進捗管理やモチベーションを維持するために、googleのスプレッドシートで進捗を管理していました。試験日程と今の差異が測れるので、非常に役にたっていました。
良かったら参考にしてみてください!

簿記二級合格後に気付いたのですが、notionを活用した方が確実に上手くタスク管理できます。
当時の私はnotionの有効性にあまり気が付けていなかったです。もちろん、スプレッドシートでも管理はできます。ただ、notionの方が圧倒的に使いやすいので、次何かの取得をする時はnotionで管理をしてみようと思います。
notionを知らないという方は、下記記事を参考にしてください!
個人的には、notionが日本でも大流行する日が来ると思っています。

簿記2級ネット試験の声・評判

Twitterで簿記2級に関する声をまとめました。2021年4月から難易度上がってるなどの噂もあるみたいですがどうなんでしょうか。

https://twitter.com/aymnegi_sh/status/1380089735188639748
https://twitter.com/wjKbjVKfeFNmY9s/status/1380102610145832962?

以前、G検定の勉強について記事を執筆したので、興味のある方はそちらもどうぞ

【社内AI人材の育成①】JDLAディープラーニングG検定|G検定とは?受験者層は?試験費用は?資格についてご説明します!

まとめ

今回の日商簿記2級の紹介はいかがだったでしょうか。まだ始まったばかりのCBT方式(ネット試験)ですが、慣れない点もあるもあると思います。一方、受験日や会場も自分のライフスタイルに合わせて選べるのでおすすめです。ぜひ本記事を機にチャレンジしてみよう!と思っていただける人がいれば幸いです。

1件のコメント

デモ画面のクオリティがすごい…!!
とても参考になりました!
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です