ニューロマーケティングとは?企業戦略に活用するための6ポイントを徹底解説!

皆さん、「ニューロマーケティング」という言葉を知っていますか?

今まで、ユーザニーズを調べるには、アンケート調査やヒアリング等が主流でした。ここに近年では、ユーザーが本当に求めている声なきニーズを見つけるニューロマーケティングという手法が注目を集めています。

今回はこのニューロマーケティングとは何か?どんな事例があり、企業で活用するためには何をしたらいいか?について解説していきます!

ニューロマーケティングとは?

ニューロマーケティングとは、消費者や顧客の「無意識」に働きかけるマーケティング手法です。脳科学とマーケティングを融合させ、無意識を可視化することで高い効果を生み出します。

ニューロマーケティングにおいては、科学者たちが機能的磁気共鳴画像法(fMRI)という、MRI装置を使って無害に脳活動を調べる方法を用いて、人が広告の色、画像、テキスト要素などのマーケティング素材に刺激を受けたときの脳活動の変化を測定します。

fMRI技術から得られる洞察は、マーケティング担当者が、消費者がなぜ意思決定を行うのか、どのように意思決定を行うのか、脳のどの部分が意思決定プロセスを担っているのかをよりよく理解するのに役立ちます。

ニューロマーケティングでできること

ニューロマーケティングは、消費者が無意識のうちに自分の欲しいものを定義する方法を理解する科学です。ニューロマーケティングの担当者は、消費者が製品やサービスに抱く感情を抽出し、それが消費者の意思決定プロセスにどのように影響を与えるかを調査します。

ニューロマーケティングは、消費者の行動の背後にある理由を解き明かす鍵であり、マーケターが探し求めていた鍵でもあるのです。この鍵は、消費者がある製品を他の製品よりも選ぶ理由を解き明かすことができます。この鍵は、消費者が特定の製品を他の製品よりも選択する理由を解き明かすことができ、ブランドが製品をどのようにパッケージ化し、最終的にどのように販売するかを決めるのに役立ちます。

実際に、電通や博報堂などの企業は、ニューロマーケティングの知見をマーケティング戦略に取り入れ、結果を出しています。電通では、250人以上の赤ちゃんの脳を計測しておもちゃを開発しました。結果、新規参入から数年で年間売上数十億円を成し遂げています。

消費者の認知行動を理解することで、さまざまなメリットが得られます。ニューロマーケティングでは、以下のことが可能になります。

  • より高い顧客価値を提供するコンテンツを提供する
  • お客様が競合他社ではなく自社の製品やサービスを選ぶ理由を理解できる
  • ユーザーが資料請求ボタンを押したり、購入したりするコンバージョン率を高める

ニューロマーケティングを企業戦略に活用する6つの方法

ここでは、ニューロマーケティングをマーケティング戦略に取り入れるためのつの方法をご紹介します。これらの戦略の中には、ニューロマーケッターを探す必要があるものもありますが、自分でできるものもあります。

①視線の動きのパターンに合わせる

アイトラッキングのパターンを調べることで、特定の広告や製品、あるいは実店舗でお客様が何を見ているかを把握することができます。お客様の視線を理解することで、お客様の注意を向けさせ、ブランドを見てもらい、興味を持ってもらうことができます。

調査参加者のグループで、顧客の自然な視線を分析し、何が目立ち、何が注意を引くのかを見極めます。例えば、調査対象者は特定の色、文字列、画像に注目したり、見落としたりしていませんか?また、店頭で広告を目にしたときに、何も見ずに通り過ぎてしまうことはありませんか?

これらの調査結果をもとに、オンラインや店舗でのマーケティングの表示方法を変えてみましょう。お客様が魅力的だと感じるものに焦点を当て、お客様の内なる欲求に語りかけてみましょう。

②心理学的に消費者を操るトリックを使う

長年にわたり、ブランドは消費者を “騙す “ために心理学的な広告手法を採用してきました。例えば、売り上げを伸ばすために、20000円ではなく19800円というように特定の価格帯の商品を宣伝したり、円マークを消してしまったりするのです。

他にも、マーケターがお客様を「騙して」購入させる微妙な方法があります。これらの「トリック」つまり消費者の選択の結果に影響を与える方法を理解し、活用することが重要です。

ニューロマーケティングの事例によると、明るい色の商品は上の棚に置くとよく売れ、暗い色の商品は下の棚に置くとよく売れるそうです。ニューロマーケッターの研究に従うことで、自分で調査を行わなくても、こうした心理学的な判断ができるようになります。

③感覚的なアプローチを踏まえたマーケティングを実施

マーケティング戦略の効果を高めるには、特に物理的な意味で、感覚的なアプローチを採用するとよいでしょう。心地よい香りや照明は、お客様の注意を喚起し、全く新しい体験を生み出すことができます。

ある研究によると、物理的環境の微妙な変化が売上に劇的な影響を与えることがあるそうです。消費者は、高い音を聞くと明るいものに注意を払い、同様に低い音を聞くと暗いものに注意を払います(驚くべきことに、上記の商品棚の配置の概念と似ています)。

店内に匂いを加えることで、記憶や興奮を活性化させたり、照明を変えることで特定の商品を強調することができます。

④参入障壁を下げる

クレジットカード情報を入力しなければならない場合よりも、無料トライアルにサインアップできる場合の方が、コンバージョンにつながりやすいことがわかっています。お客様との信頼関係を築くためには、企業は参入障壁を低くする必要があるのです。

マーケティング担当者にとってこれは、直感的なウェブフォームの設計、サインアッププロセスのステップ数の制限、カスタマージャーニーの最適化を意味します。

⑤参入障壁の低減

クレジットカード情報を入力しなければならないお客様よりも、無料トライアルにサインアップできるお客様の方が、コンバージョンにつながりやすいことがわかりました。お客様との信頼関係を築くためには、企業は参入障壁を低くする必要があります

マーケティング担当者にとってこれは、直感的なウェブフォームの設計、サインアッププロセスのステップ数の制限、カスタマージャーニーの最適化を意味します。

⑥笑顔を活用する

笑顔の持つ力を過小評価してはいけません。Journal of Neuroscience誌では、笑いが伝染することを明らかにしました。笑いやそれに似た幸せのイメージは、脳内にエンドルフィンを放出し、一体感や社会的包容力を促進します。

企業サービスにおいても、可能な限り笑顔を活用し、ブランドに力を与えるべきです。笑顔の人のイメージは、顧客の消費意欲に影響を与えるそうです。また、目の動きのパターンを再検討したところ、お客様はしかめっ面よりも笑顔に注意を向けやすいという研究結果も出ています。

まとめ

ニューロマーケティングの洞察は、研究者にとって有用なものですが、顧客をよりよく理解したいと考えているマーケターにとっても説得力があ流データとなります。もちろん、マーケターが自らこうした研究実験を行うことは期待できません。ニューロマーケティングの可能性を最大限に活用したいのであれば、実験を行ってくれる会社を雇うか、研究のフォローアップを行い、その結果をマーケティング戦略に反映させることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です