【触って試せる】webexの基本機能を解説!デモ画面で使いながら理解できます

この記事では、リモートワークに使えるウェブ会議アプリ、webexの基本機能について、デモ画面を用いてわかりやすく解説していきます。

各機能の使い方の詳細は、画面デモの後から記載していきます。

ここで体験できること

webexの以下機能を体験しながら知ることができます。
  ①ミーティング開催
  ②ミーティングを計画
  ③ミーティングに参加

webex デモ画面

以下では、webexの基本的機能について画面操作しながら試すことが出来ます
機能をデモ画面で確認することが出来ます。画面内の赤枠や気になる機能をクリックして確認してみて下さい。

画面が小さい場合は、コチラから操作してください。

webexの基本機能3ポイント

ここではwebexの基本機能を紹介します。

webexは無料でも使用できるため、興味ある方は無料プランの登録を行い、実際に使ってみることもおすすめです。

基本機能①:ミーティング開催

web会議に必須の、ミーティング開催機能です。トップ画面からワンクリックで会議を開催することができます。

ミーティング開催には、webexのアカウントを作成する必要があります。無料アカウントの場合は50分間の会議を作成することが可能です。

ミュート・ビデオ・チャット・画面共有等を始め基本機能が充実しており、画面のレコーディングも可能です。実際利用していても、遅延やかくつき等の違和感なく利用が可能です。

その他ミーティング中に利用できる機能

上述の内容以外にも、ミーティング中に実施可能な機能が様々あります。
 ・ミーティング権限の変更 :主催者を変更できます。
               ※主催者は参加者のミュート等の設定が可能です。
 ・会議室をロック     :他のユーザを入れなくすることができます。
 ・ブレイクアウトセッション:ミーティング内で、複数グループに別れることができます。

基本機能②:ミーティングを計画

すでに予定が決まっているミーティングを計画することが可能です。

以下の通り、ミーティングに必要な基本事項を入力したのち、
便利なのは出席者のメール追加機能です。ミーティングが計画されたり、削除・変更された場合に参加者全員に対してメール送信することが可能です。このため「打ち合わせの詳細について」といったメールを送ることが不要となります。

また、スケジュールしたミーティングはその時間以外でも使用できますし、何回でも使用可能です。

基本機能③:ミーティングに参加

他の人が開催したミーティングに参加することができます。ミーティングに参加する人は、アカウントを作成する必要はありません。

参加方法は「ミーティング番号」「URL」の2種類があり、ミーティングの開催者から情報をもらって接続する必要があります。

webexの料金体系

webexの料金体型は以下の通りとなります。基本機能は無料で使えますが、ミーティング時間を伸ばしたい場合は、有料プランを契約する必要があります。

  無料プラン Starter ビジネス Enterprise
価格 0円 1,490円/月 2,980円/月 お問合せ
ミーティング時間 最大50分 24時間 24時間 24時間
参加人数 最大100名 最大150名 最大200名 カスタマイズ可能
録画機能  
録画の議事録機能  
画面共有
チャット

webexを使ってみる

webexを開催する場合、アカウントが必要となります。
公式HPにてメールアドレスを設定して、アカウントを作成してください。

ミーティングに参加するだけならば、アカウントがなくても「ミーティングに参加」から可能です。

【参考】リモートワークにに使える情報

他の記事でも、ウェブ会議やチャットツール等、リモートワークに使える情報をまとめていますので、参考にしてみてください!

ウェブ会議システムの選び方〜ツール選択の必須項目13点を解説〜

【デモ画面付き】elgana(エルガナ)を徹底分析!便利な機能・導入に向けた検討ポイントを紹介

【徹底分析】テレワークの強い味方;Chatwark(チャットワーク)についてご紹介

まとめ

webexの紹介はいかがだったでしょうか。大体の内容が理解でき、検討の参考になれば幸いです。

webexは無料で使用できることから、導入を手軽に実施することができます。本格的に興味のある方は、公式HPで始めてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です