【デモ画面お試しアリ】BIツールTableauの基本機能をご紹介!実際にデモ画面から操作体験もできます

この記事ではBIツールTableauの紹介をしていきます。概要や基本的な機能, 料金体系を解説します。また, 基本機能についてはデモ画面も用意してありますので実際に自分の手で動かしながら機能を確認することができます。

こんな方におすすめ
  • Tableauでなにができるのか知りたい
  • Tableauの導入を検討しているが使い勝手がわからない
  • データ分析をもっと簡単にスムーズに行えるようにしたい

Tableauとは

TableauはBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの1つです。(公式サイトはこちら)BIツールはデータ分析を用いて企業や組織の経営・マーケティング上の課題を解決するために利用されます。データ分析ツールとしてExcelは常日頃使うことも多いはずです。しかしExcelでは処理できるデータ量も限られていますし, グラフを作成する場合も若干手間がかかってしまいます。

一方Tableauはデータベースの直感的な操作を可能としています。かなり簡単にビジュアライゼーションを作成することができます。また, 全世界で70,000社以上の導入実績があり, 世界的に高い評価を得ているツールといえるでしょう。
ここで簡単ではありますが, Tableauを使用するメリットをリストアップしてみます。

  • グラフなどのビジュアライゼーションが簡単に作成でき, スピーディな意思決定に活かしやすい
  • 大規模データにも対応しており, 100万行を超えるデータも容易に取り扱うことが可能
  • 読み込めるファイル, サーバーが豊富(Excel, csv, MySQL , …)

Excelでは読み込めるデータ量が最大約100万行であるのに対してTableauではさらに大容量のデータも難なく処理できる点が特に魅力的に思えます。

Tableauの基本機能とデモ体験

Tableauでできることはかなり多いのですが, ここではTableauの基本的な機能に絞ってご紹介していきます。デモも用意してありますので, ぜひ操作性の高さを体験してみてください。

データの接続

分析を進めるにあたり, まずは使用するデータを読み込む必要があります。RやPythonといったプログラミングツールではこの部分で手間取ることも多いですが, Tableauはシンプルです。Tableauを開いてすぐにデータの接続項目があるので読み込みたいファイルを選択すれば基本的には完了です。

今回は元々Tableauに入っているサンプルデータの「スーパーストア」を使用します。これには顧客の購買データが格納されています。

データの結合

Tableeuではデータを結合することも簡単にできます。イメージとしては別々のシートに保存されているデータを共通するデータ(IDなど)で紐づけることになります。

細かい結合方法はデモ画面でご確認いただけますが, ここでは注文データと返品データを「オーダーID」に基づいて結合していることになります。

グラフの作成(棒グラフ)

Tableauはデータのビジュアライゼーションが非常に簡単です。棒グラフは可視化手法としてはシンプルなものの一つですが, より詳細な棒グラフの作成もTableauでは比較的容易に作成可能です。

デモでは「売上」と「利益率」を確認しています。さらに「カテゴリ」や「サブカテゴリ」ごとの売上も簡単に可視化でき, カテゴリごとの売上や利益率も色分けができるので, 販売戦略上改善すべきカテゴリも瞬時に判断可能です。(明らかにテーブルの利益率が低いことがわかりますね)

グラフの作成(散布図)

散布図は何らかの2つの変数の関係性を確認する際に適しています。例えば店舗ごとの売上と来店者数, 生徒の国語のテストと数学のテストの点数, などです。

デモでは各ユーザごとの「売上」と「利益」を散布図で表し, 「カテゴリ」ごとで色分けをしています。散布図を見ると明らかに売上に対して利益が低い顧客や, 反対に利益が大きい顧客も存在していることがわかります。こうした顧客セグメントごとの対策のヒントを得ることができるのも散布図の利点の一つでしょう。

マップの作成

ここで紹介するマップはなかなか一般のツールでは作成できないビジュアライゼーションとなります。マップでは地域ごとのデータを可視化できます。国ごと, 都道府県ごと, 市区町村ごとに可視化できるので, エリア単位の販売戦略を練ったりする際に有効です。

デモでは「都道府県」単位の売上を地図上にプロットしています。各都道府県にマウスオンすることで詳細も確認できます。ここでは大阪の売上が非常に高そうです。もしかしたら大阪の店舗では売上を大きくあげている要因が隠されているのかもしれません。(単純に大阪の店舗数が多い可能性もありますが)
エリア単位の可視化をすることで特徴的な地域を洗い出せることで, 分析の方向性も見出すことができ, 効率化に繋がるでしょう。

その他のチャート

Tableauには多くの可視化手法があります。ここで全てを紹介することはできませんが, データに応じて「表示形式」からサジェストもしてくれるのでそれを参考にするのもいいでしょう。

デモでは「棒グラフ」と「折れ線グラフ」を重ね合わせたもの, 「ツリーマップ」を紹介しています。こうした手法は実際に自分で試してみて最もメッセージが伝わりやすいもの, 見やすいものを発見していく必要があります。

ダッシュボードの作成

「ダッシュボード」機能では作成した複数のシートをまとめて一枚のボードにまとめることができます。チーム内でTableauを使用しているのであれば共通のサーバで共有したりもできますし, パワーポイントのような外部ソフトにエクスポートすることも可能です。

デモではこれまでに作った3つのシート(棒グラフ, 散布図, マップ)をダッシュボードにまとめました。レイアウトは自由に設定できるのでグラフの形に応じて見やすい形で設定すると良いでしょう。

ダッシュボードの操作

ダッシュボードではただシートを複数枚並べるだけでなく, シートごとフィルタリングして紐づけることも可能です。

デモでは棒グラフの「テーブル」の売上データで「フィルター」をかけることにより, 散布図やマップもそれに対応して表示が変わり, テーブルに関するデータのみを表示しています。これによって注目したいデータについて多角的に検討することが可能となります。結果を見ると散布図はやはりテーブルの利益率が低いこともあり右下がりの傾向があります。マップでは特に静岡県の利益が低いことがわかります。もしかしたら静岡県の顧客に何か原因があるのかもしれませんね。

デモ操作

ここまでに紹介してきた機能を実際にデモを通して体験できます。ぜひ記事と併せて触ってみてください!
※PCでの閲覧をおすすめします
※別タブで開く場合はこちら

料金体系

Tableauは有償のソフトです。ここではTableauの料金体系をご紹介します。個人プランと組織・チームプランがあり, 公式サイトでもプランは確認できます。

個人プラン
  • Tableau Creator
    1ユーザーあたり : 102, 000円(税抜) ※年間価格
    利用できる製品 : Tableau Desktop, Tableau Prep Builder。およびTableau ServerまたはTableau OnlineのCreator1ライセンス
チーム・組織プラン
  • Tableau Creator
    1ユーザーあたり : 102, 000円(税抜) ※年間価格
    利用できる製品 : Tableau Desktop, Tableau Prep Builder。およびTableau ServerまたはTableau OnlineのCreator1ライセンス
  • Tableau Explorer
    1ユーザーあたり : 51,000円(税抜) ※年間価格
    利用できる製品 : Tableau ServerのExplorerを1ライセンス
  • Tableau Viewer
    1ユーザーあたり : 18,000円(税抜) ※年間価格
    利用できる製品 : Tableau ServerのViewerを1ライセンス

しかしこれだけではどれを導入していいかわかりませんよね。もう少し各製品を詳しく見てみましょう。

  1. Tableau Creator
    Tabkeauの機能を全て利用できるプランです。Tableau Desktopを自身のPCにインストールし分析が可能です。また作成したビジュアライゼーションをTableau Serverに保存することができます。Prep Builderはデータの前処理を行うためのツールです。また, Tableauの導入には最低でもCreatorアカウントが1つ必要となるので必須のプランとなります。
  2. Tableau Explorer
    このプランではTableau Serverへのアクセス権と編集権限が与えられるため, オンライン上でサーバーにあるデータを編集したり, サーバーに保存されているデータから分析を実行することができます。
  3. Tableau Viewer
    このプランではTableau Serverへのアクセス権のみが与えられます。従って編集権限は一切なく, 閲覧のみとなります。

以上より, 分析をメイン業務とし, Tableauを使うことの多い方はTableau Creatorを, 基本的にはメンバーが作成したデータを編集したり, 多少加工して利用する程度の方であればTableau Explorerを, 自分では編集せず閲覧のみで問題ない方はTableau Viewerを, 利用するのがおすすめです。

ただし詳細についてはお問い合わせが必要となることもあるのでご注意ください。(お問い合わせはこちら)

まとめ

BIツールTableauの紹介記事はいかがだったでしょうか。かなり高機能であることは本記事とデモ操作でご理解いただけかと思います。その一方で導入価格も決して安くはないので組織内の予算やニーズに見合うものなのかは慎重に検討する必要があるでしょう。またBIツールはTableauだけではないので, (例えばMicrosoft Power BI)それぞれのメリットや価格を比較検討することも重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です