【デモ画面で試せる】chatworkの使い方と基本機能を紹介!始め方から詳しく紹介します。

 新型コロナウイルスの影響でテレワークが進み、コミュニケーションを取ることが難しくなった企業も多くなっています。その中で、気軽にやり取りできるビジネスチャットツールの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか?

 しかし、ビジネスチャットツールは数多くあり、どれを選んだらいいのか分からないということも多いと思います。

 今回の記事では、国内利用者数No1を売りにしているchatworkについて、実際の画面を用いながら、基本機能をから導入方法まで紹介していきます!

画面デモ

ここでは、chatworkの基本的機能について、画面操作を実際に試してみることが出来ます。
画面内の赤枠が触って動くポイント、黒枠が説明となっていますので、気になる機能をクリックして確認してみて下さい!

各機能の使い方の詳細説明や、画面デモの後から記載していきます。

Chatworkの基本操作3点

ここではChatworkの基本機能として、以下3つの機能を紹介していきます。

  1. チャット機能
  2. タスク管理
  3. ファイル管理

Chatworkは無料でも使用できるため、興味ある方は無料プランに登録して実際に使ってみることをおすすめします!

その1:チャット機能

chatworkでは、個人やグループでチャットが管理されており、それぞれのチャットで話すことが可能です。また、スタンプや資料添付などの基本的なチャット機能がありますので、好きに利用することが可能です。

操作は直感的に行うことができ、使いたいチャットをクリックするだけで、そのチャット画面に移動することが出来ます。

その2:タスク管理

チャット内でタスクを作成し、管理することも可能です。タスクでは、内容や担当者、期限を含めて設定でき、完了状態や期日の管理が可能となります。

タスク上はチャット上だけでなく一括管理可能なので、誰がいつ行うものか、についてのチーム管理が可能です!

その3:ファイル管理

チャットで送付したファイル一覧で管理することが可能です。また、ファイルを指定して、ファイルを送付した時点のチャットに戻ることも可能ですので、過去のチャットに戻ることも簡単です!

多くのファイルを保存する場合は、ストレージの拡張が必要となります。

Chatworkの始め方

ここでは、Chatworkを始めるための手順を紹介します。設定等は必要なく、公式HPからの申込ですぐ開始が可能です!

手順1:新規登録を開始

まず初めに公式HPから、新規登録を開始しましょう。新規登録ボタンをクリックしてください。

手順2:メールアドレス登録

次に、HP上でメールアドレスを登録しましょう。
メールアドレスは企業ドメインでないメールアドレス(.gmailなど)でも可能です。

メールアドレスを入力して次に進むと、以下のような画面が表示されます。

手順3:アカウント登録

手順2で登録したメールアドレスに、以下のようなメールが届きますので「アカウント登録」ボタンをクリックすると、アカウントが登録されます。

「アカウント登録」をクリックしたのちの画面は以下の通りです。
ここの「chatworkを開く」からchatworkを利用開始できます!

【参考】ビジネスチャットの選び方

ここでは数多くあるビジネスチャットの選び方・抑えるべきポイントの記事を紹介します。興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

image

ビジネスチャットを選ぶポイント5点|おすすめツールも紹介

image

【完全版】ビジネスチャットを選ぶ際のおさえるべきポイント14点

まとめ

chatworkの基本機能の紹介はいかがだったでしょうか。chatworkが少し分かる!という状態になり、チャットツール検討案の一つとして思っていただければ幸いです。

本格的に興味のある方は、公式HPで詳細な機能や料金プランが記載ありますし、無料で利用可能ですので、ぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です